第11回アジア太平洋ハーモニカ大会

2016年8月3日~8月7日に台湾新竹市にて第11回アジア太平洋ハーモニカ大会が開催されました。当会からもたくさんの参加者がコンテストおよびオプショナル・ツアーの観光で楽しみました。
c0365829_15515115.jpg
台湾到着時は雨。会場の新竹県文化局。


c0365829_1854815.jpg
最初の夕飯時に結団式で乾杯。


c0365829_18572241.jpg
開会式での歓迎演奏。全員が暗譜。


c0365829_1901856.jpg
コンテストの様子。演奏リミット8分から1秒ごとに減っていきます。時間オーバーは減点されます。
コンテストはたくさんのカテゴリに分かれて実施されました。
1 複音ハーモニカ・ソロ(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
2 クロマチック・ハーモニカ・ソロ(幼児組、少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
3 10ホール・ハーモニカ・ソロ(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
4 二重奏(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
5 三重奏(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
6 室内楽(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
7 小合奏(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
8 大合奏(少年組、青少年組、青年組、公開組、楽齢(シニア)組)
9 創意


c0365829_1933262.jpg
ガラ・コンサートは大ホールで。バックに拡大画面が。


c0365829_1942396.jpg
自由時間がある人はオプショナル・ツアーに参加。


c0365829_19445185.jpg
いよいよ閉会式。


c0365829_1947713.jpg
小学校ハーモニカオーケストラの演奏。


c0365829_19513545.jpg
表彰式。スクリーンに各カテゴリの3位、2位、最後に1位が表示され表彰されて行きます。
複音ハーモニカ・ソロ 楽齢(シニア)組 1位木村明美さん、2位有光信之さん、3位土田仁一さん
クロマチック・ハーモニカ。ソロ 楽齢(シニア)組 1位宮崎久美さん、2位真田正二さん
二重奏 楽齢(シニア)組 1位Mica De Monica(宮崎さん。川戸さん)
10ホール・ソロ 公開組 2位 関口大さん
日本は合奏にもたくさん応募していたのですが、参加が5チーム以上でないと表彰の対象にはならないという規則があり、それぞれ高得点を重ねたものの、表彰には至りませんでした。


c0365829_19541310.jpg
カテゴリの順位毎に記念撮影が行われました。


c0365829_1956225.jpg
選ばれた1位の個人、グループの披露演奏があります。

c0365829_195808.jpg
次回は北京で2018年に開催予定です。大会旗を北京の担当者に引き継ぎました。


c0365829_2001294.jpg
大会を支えた裏方のスタッフの皆さんに感謝。


c0365829_204177.jpg
閉会後は各グループで打ち上げ会が行われたことと思います。
ここは町田ハーモニカフレンズの打ち上げの模様。


公開された凝縮動画

[PR]

  by N_H_C | 2016-08-11 20:42 | 会員の活動記録 | Comments(2)

Commented by ハープ見習い at 2016-09-26 18:55 x
「参加が5チーム以上でないと表彰の対象にならないという規則があり」は間違いです。クロマチック・ソロの幼児組は一人しかエントリーしていませんでしたが、冠軍(1位)のトロフィーと賞状を舞台で受け取っていました。
参加が4人ないし4チーム以下の場合の順位認定のルールは、関西ハーモニカ連盟会報209号の「APHF2016に参加して」の記事に書かれています。
Commented by N_H_C at 2016-10-09 00:22
大会規則は5組に満たないセクションはキャンセルされるとあります。キャンセルしないで参加させてくれたことに感謝すべきなのかもしれません。幼児が一人で参加して1位になったのは、大会運営側の配慮ではないかと想像していますが、真相は承知していません。関西の記事ではそれが説明されているのでしたら、どこから得た情報なのでしょうか。私は日本の委員から立ち話で聞いた程度なので、正確な順位認定ルールは存じておりません。』大会規則には、最初に述べたことが明記されています。

<< 第48回ニッポン・ハーモニカ・... 第7回ハーモニカ ビッグバンド... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE